【最新刊】編集長連続殺人 -13日目の惨劇-

編集長連続殺人 -13日目の惨劇-

著者:吉村達也

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『週刊A』の編集長が就任十三日目に崖から車で落ちて事故死した。次の編集長も十三日目でサーカスを見学中、ライオンに喉を噛み切られ死亡。三番目の後任も衝撃から自殺――。いずれの現場にもなぜか道化師の姿が。そして、犯人から届いた怪文書。出版社社長自ら編集長を買って出たが、運命の十三日がまた近づいてきた……。精神分析医・氷室想介がたどり着いた衝撃の事実とは。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/08/26
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 1巻2016/11/16Posted by ブクログ

       就任13日目に死亡する『週刊A』の編集長の謎を解く氷室想介さんのシリーズ1作目。

       犯人当てとしてはおもしろかったけれど、殺害トリックはどうかなぁ。
       雪国育ちの私としては、何かちょっと納得いかな...

      続きを読む
    • 1巻2009/09/22Posted by ブクログ

      氷室想介シリーズ
       編集長就任後13日で死亡するという事件。車での転落事件。取材中ライオンに殺された男。自殺。サーカス団の団長の殺人事件。サングラスの男とピエロの関係。

       2009年9月21日再読
      ...

      続きを読む
    • 1巻2014/04/26Posted by ブクログ

      毎月新刊を出す推理作家のお一人である吉村氏。
      1冊読み、もしはまったら全部読まないと気がすまない性分なので、手をださずにいたのです(笑)。
      ある時、読む本がなく、たまたま読んだのが吉村氏の「推理作家・...

      続きを読む

    セーフモード