【最新刊】新釈 走れメロス 他四篇

新釈 走れメロス 他四篇

著者:森見登美彦

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    芽野史郎は全力で京都を疾走していた――無二の親友との約束を守「らない」ために!(「走れメロス」) 表題作の他、近代文学の傑作四篇が、全く違う魅力をまとい現代京都で生まれ変わる! こじらせすぎた青春は、こんなにも阿呆らしく、そして気高い!! 滑稽の頂点をきわめた、歴史的短編集!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/08/26
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/06/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      2015年27冊目。
      中島敦『山月記』、芥川龍之介『藪の中』、太宰治『走れメロス』、坂口安吾『桜の森の満開の下』、森鷗外『百物語』のリメイク版。
      かの名作も、森見登美彦の手にかかると、愉快な京都の阿呆...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      この本には
『山月記』『藪の中』『走れメロス』『満開の桜の森の下』『百物語』と誰でも一度は聞いたことのある名作をベースにして書き換えられている。パロディみたいな感じかな?全て面白すぎました。ベースにし...

      続きを読む
    開く

    セーフモード