銀平飯科帳 1巻

河合単

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

東京神田で創作居酒屋を営む武藤銀次。店も料理も中途半端な銀次は江戸時代にタイムスリップ。将軍の料理番を務める兄弟と出会い、江戸のグルメガイドを作ることに…… 謎の調味料「煎り酒」、江戸のスープかけご飯「こしょう飯」、酒かすで作る「江戸風カルボナーラ」ほか、真似したくなるレシピが続々登場!! 江戸時代と現代と、ダブルで旨い! 大人気グルメコミック、待望の第1集です!!

続きを読む
  • 銀平飯科帳 全 11 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    銀平飯科帳 全 11 巻

    6,655円(税込)
    66pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2018/12/08Posted by ブクログ

    読み始めたばかりだけど面白い。
    食に関する漫画で群を抜いて読みやすいと思う。
    現代から江戸へって感じでSF入ってるけど馬鹿々々しい感じは一切ない。
    大人でも読みやすいと思う。ちょっとした息抜きになる。

  • 2020/02/09Posted by ブクログ

    東京神田で創作居酒屋を営む武藤銀次。
    しかし、店は閑古鳥が鳴く有様で、友人達も心配顔...

    そんな中、タイムスリップに。
    着いたところは、江戸時代、時は徳川家斉公が将軍の時代。そこで知り合った膳奉行...

    続きを読む
  • 2017/02/13Posted by ブクログ

    江戸の味を紹介するのに、タイムスリップしてミシュランのようなものを作るという設定にしている。マヨネーズ、煎り酒、胡椒飯など文献からあたってるのでしょう面白い視点ですね。絵がちょっとヘタすぎるし、ストー...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A001558438","price":"605"}]

セーフモード