猫の草子

著者:近藤ようこ

896円(税込)
ポイント 8pt

吉崎殿と奥方が、生まれたばかりの若君・松寿丸をかわいがるので、飼い猫の小虎丸は嫉妬するが、器量よしの新しい乳母・磯良に機嫌を直す。だが、磯良を慕いすぎる上、体の弱い松寿丸に、館には、何やら不穏な空気が漂い出す……。中世ものの名手が描く、男と女の「おとぎ話」――表題作ほか、珠玉の全七篇を収録した、近藤ようこの傑作短篇集、待望の新装版。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
  • 2015/10/30Posted by ブクログ

    20151003 ふと手に取って読むと、ゆったりと時間に引き込まれて、とても心地良い。 ゾッとするけど魅力的な世界です。

  • 2015/10/10Posted by ブクログ

    猫の草子 雨夜の姫 南蛮船 白粉小町 夢にも思ゆらん 水の跡 小さ男と姫君 深層に染みいるホラー。

セーフモード