【最新刊】桜の国から・霧の国へ

桜の国から・霧の国へ

完結

名香智子

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

落ちぶれた伯爵家の若当主・桜小路千春(さくらこうじちはる)は、資産家の風早(かざはや)氏から後ろ盾の申し出(男への身売り!?)を受ける。男として複雑な思いに悩む彼は、家を飛び出し、馬を走らせるが、途中で落馬してしまう。目が覚めると、そこはイギリスで、見知らぬ女性の体になっていた!!!? 日本男子と英国令嬢の中身が、海を越えて入れかわる痛快トランス・ラブストーリー! ●収録作品/桜の国から・霧の国へ/霧の国から・桜の国へ/桜の国のわたしと霧の国のわたし

続きを読む
ページ数
194ページ
提供開始日
2015/08/21
連載誌/レーベル
flowers
出版社
小学館
ジャンル
少女マンガ

レビュー

レビューコメント(4件)
  • 桜の国から・霧の国へ
    2010/11/30

    変形「転校生」もの。国を隔てた入れ替わりだけど、あっさり本体にめぐりあえる。ありえない美男・美女の恋愛もののようでいて、一目ぼれするのは外見に対してではないって言ってたり、名香智子なだけに、性(性別も...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 桜の国から・霧の国へ
    2008/01/31

    名香さんのファンタジーもの。
    キャラがどこかで見た感じなのもくすりとさせられます。少しの毒と甘い展開。
    名香さんは、いたずらに感情を煽ったりしない淡々とした描き方なところが好きです。
    続編もあったらい...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 桜の国から・霧の国へ
    2007/11/05

    17歳のの日本の伯爵と、英国の伯爵令嬢の中身が入れ替わってしまった。 1冊で終わりかと思ってた。どうなるのか、早く続きが読みたい。この方の描く、薫り高い上品な感じが大好きです。

    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード