婚約は偶然に 【記憶をなくしたら】

ジェシカ・スティール 翻訳:高橋庸子

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    自分の名前すら思い出せない! 病院で目覚めたとき、記憶はいっさい失われていた。パニックを起こした彼女に、看護師が説明する。名前はクレア、事故で頭を打ったショックで記憶をなくしたのだと。ふと見ると、左手の薬指に指輪がはめられていた。私は婚約しているの? そういえば、意識が朦朧としていた間、すてきな男性がベッドの横にいたのをぼんやりと覚えている。あの人が私の婚約者? ちょうどそこへ、その男性が現れた。彼はタイ・カーショーと名乗り、クレアを病院から家へ連れて帰る。目の前の大邸宅を見たとき、彼女は驚きのあまり言葉を失った。★“記憶喪失の物語”――突然消え去ってしまった記憶。もどかしさと闘いながら、切ない愛をはぐくむ恋人たちの物語です。★

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード