細田守の世界

氷川竜介

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人は細田作品のどこに感銘を受けるのか、その核心とは?『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』、そして最新作『バケモノの子』。「細田守」とは何を描いてきたクリエイターなのか? なぜいま映画監督「細田守」の作品が期待され、広く一般から注目されているのか? 作中では、何がどのように表現され、観客に届いているのか。細田守監督とその作品は、日本のアニメーション文化の中で、どのような位置づけにあるのか……。アニメ・特撮研究家にして熱き細田ウォッチャーの著者が、平易に説き明かした細田ワールド入門書の決定版。熱い期待に応えて発刊と同時電子化!

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/01/13Posted by ブクログ

      細田守監督はご存知でしょうか?『時をかける少女』(2006年)、
      『サマーウォーズ』(2009年)、『おおかみこどもの雨と雪』
      (2012年)、『バケモノの子』(2015年)と三年おきに劇場公開
      用の...

      続きを読む
    • 2015/09/06Posted by ブクログ

      敵は、「特定個人」ではない。それも監督の「公共性への意識」にリンクしていることでしょう

      本当の敵とは、相手と自分の「関係性」であったり、周囲との協調性であったり、あるいは時間という絶対的な尺度であっ...

      続きを読む
    • 2015/09/19Posted by ブクログ

      疾走感と世界への肯定感が魅力の細田監督。
      いまアニメ界でいちばん期待されているというか、みんなの希望を背負っている監督だと思う。
      独立後の4作品を紹介する。技術的なことはあまり語らず、どこに感動のポイ...

      続きを読む

    セーフモード