【最新刊】ガガガ文庫 キミとは致命的なズレがある(イラスト完全版)

キミとは致命的なズレがある

赤月カケヤ(著)/晩杯あきら(イラスト)

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    第5回小学館ライトノベル大賞・優秀賞!!海里克也(うみさと・かつや)は保健室で目を覚ました。なぜここにいるのか?保険医の鏡(かがみ)によると、階段で転んで気を失っていたらしい。……覚えていない。 十歳のとき、大きな事故で両親と記憶を失ってしまった克也には、ここ数年の記憶しかない。 それはいいのだが……。「見えないモノが見えてない?」そんな鏡の問い掛けにドキリとする。――自販機の陰に倒れている少女の身体――靴箱や鞄に入れられた不幸の手紙――。思い当たる節はある。これは幻覚? それとも、もう一人の自分が……いる?少女の死の映像と指の感触、克也の過去に怯える担任教師、克也を殺人鬼と呼ぶ赤鬼のような形相の男。追い詰められた克也は、唯一の心の支えである幼なじみの宮崎ひなた(みやざき・ひなた)のもとへ向かう。そして彼女が、幻覚に見る少女だと気づく……。真実は目に映る――?『Kanon』『AIR』『CLANNAD』『リトルバスターズ!』『Angel Beats!』など、ヒット作を生み出し続ける、Key(株式会社ビジュアルアーツ)の麻枝准氏もその筆力を賞賛! 「第5回小学館ライトノベル大賞」にて優秀賞を受賞した問題作、ついに登場!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/08/14
    連載誌/レーベル
    ガガガ文庫
    出版社
    小学館
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    レビューコメント(32件)
    • 1巻
      2011/06/22

      これはよいサスペンス。デビューでこれってのはすごいなぁ。
      よく練られたストーリーと展開、サスペンスらしい小出しのテクニックやミスリードを誘うセリフも上手く、読んでいる間も「こいうことなのかな? いや、...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2011/06/07
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2013/01/23

      面白かった! ジャンル的にはサイコサスペンスとかになるか。タイトルにも「ズレ」という言葉があるけど、読んでいてもちょっとしたズレがあるような違和感があって、終盤にかけてそのズレがゆっくりとハマっていく...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード