ヤマタイカ 2巻

星野之宣

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

神の島とも神女の島とも言われる久高島。沖縄神女の祖である伊耶輪の一人娘。神子はヤマトゥ・祭が終わった後、伊耶輪神女のルーツである九州の火の国、邪馬台国があった場所へと向かった。高さ10メートル以上の巨大な銅鐸オモイカネは、阿蘇で造られ、邪馬台国の女王・卑弥呼が使った祭器。その謎が徐々に…。

続きを読む
  • ヤマタイカ 全 5 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    ヤマタイカ 全 5 冊

    2,750円(税込)
    27pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(2件)
  • 2004/10/19

    少々破天荒な展開が、個人的な星野之宣作品像と異なるが、描いているテーマは、古代から続いてきた日本の民族闘争だ。近代に至るまで、同化と称して少数民族に迫害を加え、現代でもそんなことはなかったかのように振...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2021/02/08

    火と日が、邪馬台国と大和が比較対峙される構図が徹底されているが、個人的な見解は周り回っての邪馬台と大和、火と日故に対立構造の煽りに少し残念な思いを持ちながら読んだが、人間の興味関心を引くにはその構図が...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード