楽園炎上

著:ロバート・チャールズ・ウィルスン 訳:茂木健

1,425円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    通信技術を飛躍的に発達させた、地球を包む〈電波層〉の発見。だがその正体は、通信を操って人類を巧妙に支配する集合知性型生物だった! 真実に気づいた人びとの秘密組織は、人間と見分けのつかない擬装人間に襲撃され壊滅。それから七年、再び襲撃を受けた少女キャシーらは決死の逃避行に出る。一方、キャシーの伯父である科学者イーサンの前に現れた敵のはずの擬装人間は、意外な情報を明かす……果たして、偽りの平和と繁栄を人類に与えた侵略者たちの真の目的とは? ヒューゴー賞・星雲賞受賞『時間封鎖』の著者が放つ、戦慄の侵略SF!/解説=大野万紀

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/08/28Posted by ブクログ

      ロバート・チャールズ・ウィルスン最新作。
      カテゴライズするならファースト・コンタクトものになるだろうか。厳密には『ファースト』ではないのだろうが……。
      逃亡が始まってから、南米へ向かうまでの道行きはな...

      続きを読む
    • 2015/08/26Posted by ブクログ

      地球を包む超高度群体と、人類になりすます擬装人間……百年の平和と繁栄を人類に与えた侵略者たちの真の目的は? ヒューゴー賞・星雲賞受賞作家が放つ、戦慄の侵略SF! 解説=大野万紀

    セーフモード