【最新刊】妄想ジョナさん。

妄想ジョナさん。
1冊

著者:西村悠

637円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

これは、自らの妄想と現実の区別がつかない大学生 『僕』 の物語だ。大学一年生の春、恋する僕は確かに幸せだった。憧れの人が、自分の妄想の産物だと気付くまでは。大学二年の秋、傷心から立ち直れない僕の前にひとりの女性が現れる。その名はジョナさん。彼女もまた僕の妄想の産物だ。驚いたことに彼女は、僕を妄想から解放すると宣言した。 自らの妄想に導かれ、壮大な脱妄想計画が幕を開ける! 大学キャンパスがロンドンに変じ、ラブホテルが魔王の城と化す、妄想にまみれた東京多摩市で展開する、騒々しくも切なく、悲しくも情けない恋の物語。

続きを読む

レビュー

3.8
15
5
4
4
5
3
6
2
0
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2019/04/20Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2018/12/20Posted by ブクログ

    現実に存在する統合失調症の症状にヒントを得てポップにまとめようとしたのかな?な印象。イマイチ「様々な妄想を目にしながらもそれが妄想であると頭のどこかでわかっていてそれらに付き合っている主人公像」が噛み...

    続きを読む
  • 2017/06/08Posted by ブクログ

    自分も妄想することはよくあるけども主人公は次元が違う。「妄想する」っていうのは誰でも口に出したことあるんじゃないかな。こうだったらとかこんな風にとか思ったり。でも主人公は勝手に妄想が見えてしまう。安藤...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード