【最新刊】昨日の海は

昨日の海は

著:近藤史恵

1,400円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いつも通りの夏のはずだった。その事件のことを知るまでは……。海辺の小さな町で暮らす高校生・光介。夏休みに入ったある日、母の姉・芹とその娘の双葉がしばらく一緒に暮らすことになった。光介は芹から、心中と聞かされていた祖父母の死が、実は「どちらかがどちらかを殺した」無理心中事件であり、ここで生きていくために事実をはっきりさせたい、という決意を聞かされる。カメラマンであった祖父とそのモデルも務めていた祖母。二人の間にいったい何が起こったのか。残された写真が語るもの、関係者たちの歪んだ記憶、小さな嘘……。そして真相を追う光介が辿り着いた、衝撃的な事実とは……。『サクリファイス』『タルト・タタンの夢』などで話題の著者が、海辺の町を舞台に、青年のひと夏の冒険と成長を描く、切なくてさわやかな青春ミステリー。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/08/14
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(52件)
    • 昨日の海は
      2017/02/05

      東京から叔母と従姉妹がくることになった。一緒に暮らすという。戸惑いながら暮らす高校生の光介は、叔母から祖父母の死の真相を知らされる。

      面白かったです。
      光介目線で話が進むため、ドロドロしたものになら...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 昨日の海は
      2018/09/11

      田舎に暮らす主人公の家に母の姉と八歳の娘がやってきて一緒に暮らすことになる。
      叔母により写真家であった祖父とそのモデルをしていた祖母の死の謎を知らされ、それを主人公が紐解いていくミステリー。

      祖父母...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 昨日の海は
      2015/09/01

      良かった。
      単にゴールに向かって走るんでなく、「読者がここでこう間違えるハズ」というのも見越して書いてるところが良く、「あれれ・・・じゃぁどうなるの・・・?」と、どんどん読み進む。
      なんか、男が得をす...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード