今そこにある財政危機

週刊エコノミスト編集部/桐山友一/長内智/石井純/倉都康行/藤原裕之/平山賢一/廉了/土居丈朗/小峰隆夫/永濱利廣

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    政府は経済財政運営の指針「骨太の方針2015」を6月末にまとめた。経済生成と財政改革の両立を図る内容に死角はないのか。18年度に「PB赤字の対名目GDP比1%」という新たな中間目標は達成できるのか。 本書は週刊エコノミスト2015年6月30日号で掲載された特集「今そこにある財政危機」の記事を電子書籍にしたものです。目 次・はじめに・上げ潮路線の死角・直撃インタビュー 甘利明・経済再生担当相・政府の「高望み」実質2%成長前提の壁・「異次元緩和」の限界 日銀の“2%原理主義”の修正で債券市場は動揺・“不感症”のワナ ドイツ金利急騰で肝を冷やす・とことん分かる 財政と金利の基礎知識Q&A・「死んでいない」債券市場 異次元緩和下で高い変動率・インタビュー 高橋洋一・嘉悦大学教授・インタビュー 池尾和人・慶応大学教授・日本国債格下げが引き起こす欧州発金融ショックのリスク・「補正予算」の死角 税の増収上回るバラマキ歳出抑制が必要・消費増税先送り 社会保険料の負担増で「影の増税」進行・財政危機の末路 円安・インフレへの備え必要

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード