ガラスの城の記録 【手塚治虫文庫全集】

手塚治虫

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人工的な延命で利殖を得ようとした“ガラス屋敷”の一家だったが、20年後に長男の一郎が冷凍睡眠から目覚めた時、脳細胞への影響から冷酷無残な人間と化していた! 人間の欲と冷酷さを追究し、掲載誌「COMコミック」の休刊により未完に終わった悲劇の大作! 個性的な短編を集めた『ショート・アラベスク』も併録。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    • 2010/10/22Posted by ブクログ

      ガラスの城の記憶」は、手塚作品にしては珍しく未完です。そしてこの時期(1970年代前半)の手塚作品に共通して見られるように、否定的かつ破滅的なお話です。冷凍睡眠⇒永遠の命というようなテーマ設定は『火の...

      続きを読む
    • 2012/02/28Posted by ブクログ

      未完の作品であることが残念です。この先どんな結末を想定されていたんだろう。
      なので面白かったけど星四つにしました。

    • 2013/10/16Posted by ブクログ

      大人向けの手塚 治虫。
      内容は、そこそこおもしろい程度。

      でも、短編で、これだけぶっ飛んで、かつそこそこおもしろいって、実はあんまりないのかも。

    開く
    [{"item_id":"A001554675","price":"880"}]

    セーフモード