戦争めし

魚乃目三太

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

兵隊さんと戦地ゴハン。戦時下のお寿司屋さん。餃子と引き揚げ兵。激動の時代の中で生まれた感動の“食エピソードたち”。昭和初期の“グルメ”を“食漫画マスター”の魚乃目三太がほんわか温か~く描く珠玉のオール短編物語。

続きを読む
  • 戦争めし 全 6 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    戦争めし 全 6 巻

    3,300円(税込)
    33pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2016/07/09Posted by ブクログ

    戦争+ご飯というめずらしいテーマの作品。
    全体的に重苦しいものにならず、戦時中の楽しみとしての食が丁寧に描かれています。
    たまには、こういうのもいいなあ。

  • 2019/12/30Posted by ブクログ

    記憶が薄れ行く中、たった70年ほど前、日本は戦争の真っ只中にいました。
    今では、私たちが当たり前に食べている料理の数々。
    当時、それらは、まさしく夢のまた夢でした。

    カツ丼、餃子、焼き飯、そして極寒...

    続きを読む
  • 2016/02/09Posted by ブクログ

    隣にいる人が、次の日もいるとは限らない。
    それが、戦争。

    そんな辛い日の中、楽しみは食事。
    食糧難なのは最後の方だけ、というのに驚きでした。
    全体的にそうだとばかり…。
    考えてみれば、最初の方は奇襲...

    続きを読む
[{"item_id":"A001553749","price":"550"}]

セーフモード