真田合戦記4 幸綱躍進篇

著:幡大介

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    武田晴信(信玄)と道鬼坊こと山本勘助を通じて結びついた真田幸綱。戦乱の信濃で滋野一党を糾合し悲願の旧領回復を果たした。関東管領山内上杉家が衰退する一方、上杉景虎が勢力を伸張。真田は武田の部将として、越後上杉家と対峙し川中島合戦などで大きな役割を果たしてゆく。後に大坂方の知将として知られる真田幸村の祖父・真田幸綱の活躍。武田・真田の興亡を描く戦国大河第四弾!

    続きを読む
    • 真田合戦記 全 7 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      真田合戦記 全 7 巻

      5,049円(税込)
      50pt獲得

    レビュー

    • 2015/12/09Posted by ブクログ

      あの「大富豪同心」の作者、幡大介さんが真田モノを?という事で手に取った1冊。
      信州善光寺の商人・次郎三郎が主人公で、彼こそが真田幸村の祖父にあたる幸綱との事ですが、まだ真田家の棟梁になる前の話からにな...

      続きを読む
    • 2016/07/13Posted by ブクログ

      第四弾。
      すっかり真田の殿様になった、次郎三郎改め幸綱。
      川中島合戦や上州の戦に関わって、ますます武田家でも重要な位置につくようになっています。
      長男、信綱も立派に成長し、のちの真田昌幸・源五郎も晴信...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/11/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A001623934","price":"726"}]

    セーフモード