昨日は雨を聴いた

片岡義男

275円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    堂々めぐりの言葉の果てになぜふと、唐突な言葉が出てしまうのか。■浮気。この、凡庸にして普遍的な、みじめな、疲労感のつのる、男女間の出来事。言葉は常に行為よりも遅れているから、言い訳も、釈明も、解決の提示も、嘆願も、互いの言い分も、堂々めぐりを繰り返す運命にある。そのような倦んだ言葉のつらなりの中で、男はふと、あらぬ言葉を口にしてしまう。何一つ決定的な事柄にはつながらない平凡な、しかし不思議な言葉を、ふとつぶやいてしまう。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。79年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A001552516","price":"275"}]

    セーフモード