鳥人大系 【手塚治虫文庫全集】

手塚治虫

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    高度な知能を持った鳥達が人間を駆逐し、地球の支配者になった! だが、地球上の進化の歪みを正すべく生まれた鳥人社会も、決して理想の世界ではなく、やがて人間と同様の歴史を歩み始める。退廃していく鳥人社会の行く末は……!? 「SFマガジン」に連載され、海外からも反響のあった問題作! <手塚治虫漫画全集収録巻数>『鳥人大系』(手塚治虫漫画全集MT94~95『鳥人大系』第1~2巻収録)/『SFファンシーフリー』シリーズ(手塚治虫漫画全集MT80『SFファンシーフリー』収録)/『ドオベルマン』(手塚治虫漫画全集MT80『SFファンシーフリー』収録)/『熟れた星』(手塚治虫漫画全集MT321『大地の顔役バギ』収録) <初出掲載>『鳥人大系』1971年3月号~1975年2月号 SFマガジン連載/『SFファンシーフリー』シリーズSFマガジン掲載 「炎症」1963年5月号/「うしろの正面」1963年4月号/「そこに指が」1963年6月号/「一寸の虫」1963年11月号/「24時間まえの男」1964年3月号/「ゼンソクの男」1963年2月号/「緑の果て」1963年7~9月号/「七日目」 1963年10月号/「ガリバー旅行記」1963年12月号・1964年2月号 /『ドオベルマン』1970年2月号 SFマガジン掲載/『熟れた星』1971年2月号 SFマガジン掲載

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4.6
    5
    5
    3
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/09/06Posted by ブクログ

      うーん、鳥の人の俗物加減がアレなんだけど
       でも手塚大先生のホスト的部分にふんぞり返る暗黒が「はいモロですよ―御開帳―」とばかりに出るのは、見ないといかん。
       鳥といふ普通の人間としての政治的に正しい...

      続きを読む
    • 2013/11/10Posted by ブクログ

      面白かった。人類への批判を鳥人を用いて表していると思った。
      ただシリアスな話なのに、途中で唐揚げだとかチキンだとかギャグっぽい要素が出てきて、なんだかなと思った。

    • 2012/04/02Posted by ブクログ

      人間に変わって鳥が支配する世界の話。
      手塚版猿の惑星ってところでしょうか。

      支配する種族がかわっても結局今と同じような文明を築き、そして廃れていく話。
      手塚治虫ってこういう話好きですよね。火の鳥にも...

      続きを読む
    開く

    セーフモード