海のトリトン 【手塚治虫文庫全集】 1巻

手塚治虫

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

ある日、和也は岬の下のやしろで赤ん坊を拾った。その子は不思議な成長を遂げ、トリトンと名付けられる。金色のイルカに海の一族・トリトン族の末裔だと聞かされた彼は、やがて巨悪のポセイドン族に立ち向かってゆく……。アニメ化にもなった伝説の海洋ファンタジー! <手塚治虫漫画全集収録巻数>MT189『海のトリトン』1巻収録/MT190『海のトリトン』2巻収録 <初出掲載>『海のトリトン』(原題「青いトリトン」) サンケイ新聞 1969年9月1日~1971年12月31日連載

続きを読む
  • 海のトリトン 【手塚治虫文庫全集】 全 2 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    海のトリトン 【手塚治虫文庫全集】 全 2 巻

    1,760円(税込)
    17pt獲得

レビュー

  • 2010/04/18Posted by ブクログ

    サンケイ新聞に毎日連載されていたため、1ページごとにオチがあるという忙しい話の展開(笑)。新聞連載という性格上、大人にも子どもにも楽しめるように構成された良質のストーリーは絶品です。僕は子どものころ、...

    続きを読む
  • 2010/08/01Posted by ブクログ

    「トリトンの誕生」

    「和也東京へ行く」

    「丹下全膳」

    「運命の日」

    「金色のイルカ」

    「武骨丸の秘密」

    「ターリン」

    「洋子の家」

    「ドデカポーダ」

    「ピピ子」

    「ヘプタポーダ」
    ...

    続きを読む
  • 2010/08/30Posted by ブクログ

    これも、テレビ版しか見たこと無かったと思います。

    割と、基本的な設定は、ふまえながらも、しかし、ストーリー自体は、テレビ版は、富野監督暴走状態でした。
    むかしは、その富野監督暴走も好きだったのですが...

    続きを読む
[{"item_id":"A001552409","price":"880"}]

セーフモード