ブッダ 【手塚治虫文庫全集】 4巻

手塚治虫

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    苦しい修行の末にピッパラの樹の下で悟りを開いたシッダルタは、謎の聖者ブラフマンより聖なる印を授かり「ブッダ」(目ざめた人)を名乗るようになった。しかし、悟りを開いたあともブッダは修行を続け、あるとき気品をたたえた青年と出会う。それはなんとバンダカの子ダイバダッタの成長した姿であった――。本編にくわえ、手塚治虫漫画全集未収録作品「外伝・ルンチャイと野豚の物語」を収録したシリーズ第4巻! <手塚治虫漫画全集収録巻数>手塚治虫漫画全集MT293~294『ブッダ』第7~8巻収録 <初出掲載>1972年9月号~1978年7月号 希望の友/1978年8月号~1979年12月号 少年ワールド/1980年7月号~1983年12月号 コミックトム連載

    続きを読む
    • ブッダ 【手塚治虫文庫全集】 全 7 巻

      未購入巻をまとめて購入

      ブッダ 【手塚治虫文庫全集】 全 7 巻

      6,160円(税込)
      61pt獲得

    レビュー

    4.6
    3
    5
    2
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/06/24Posted by ブクログ

      この第4巻では、大男のヤタラや、タッタについてが描かれている。どちらもシッダールタの教えの影響を受け、ただ戦うだけ、殺すだけの人間ではなくなっている。

    • 2011/07/10Posted by ブクログ

      『ブッダ』。3000ページにも及ぶ、ブッダの一生を描いた長編。仏教に対する手塚治虫流の解釈が散りばめられ、「苦悩するひとりの弱い人間」としてのブッダが鮮やかに、かつ大胆に描かれています。仏教やブッダに...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/06/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード