【最新刊】葉桜が来た夏5 オラトリオ

葉桜が来た夏

著者:夏海公司 イラスト:森井しづき

715円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    水無瀬率いる<水車小屋>の暗躍により、一触即発の事態を迎えた日本とアポストリ。学は前評議長の娘である星祭を呼び寄せて<十字架>の評議会へ送り込み、アポストリ側からの開戦の引き延ばしを図る。そして自らは<水車小屋>を止めるべく東京へ向かう。一方、葉桜は学との関係について思い詰めた様子を見せるが──。 人とアポストリ、学と葉桜、それぞれの関係の緊張が高まっていき、本格的な開戦まで猶予のない中、学はぎりぎりの決断と行動を求められる。はたしてその決着は!? 堂々の完結編!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/07/29
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル
    • 葉桜が来た夏 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      葉桜が来た夏 全 5 巻

      3,311円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    • 2011/10/08Posted by ブクログ

      落差のお陰で傑作に見える不思議。
      SE!の人のデビュー作。ボーイミーツガールモノに政治的背景やシステムを組み込んであるところが高ポイント。深く読めば立ち位置とか配役とかの変化とかも考えられているのかな...

      続きを読む
    • 2012/11/23Posted by ブクログ

      いい終わりでした。アポストリ嫌いだった学が葉桜とああいった結末を迎えられて本当によかったと思う。戦闘シーンとかも緊迫感があってサクサク読み進められた

    • 2010/01/30Posted by ブクログ

      二人がどうなるの?の以前に、
      日本がどうなっちゃうのか気になる作品になっちゃいました。
      期待は裏切らないなぁーって感じがしました~。

    開く

    セーフモード