「神社」で読み解く日本史の謎

著:河合敦

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    神社からしか知りえない“真実の歴史”がある! 神社は、日本史を動かす大きな役割を果たしてきた。それゆえに、神社に注目することでしか解き明かすことのできない「日本史の謎」がある。平清盛の出生の謎、織田信長が桶狭間合戦に勝てた要因、徳川家康が平将門を尊崇した理由など、様々な歴史の真実が見えてくる。本書は、伊勢神宮、出雲大社、鶴岡八幡宮、熱田神宮、日光東照宮、伏見稲荷大社、諏訪大社、熊野三山、厳島神社など、全国の有名神社に注目しつつ、日本史の謎を解明。ミステリー小説を読むような感覚で歴史を楽しめる贅沢な1冊である。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/12/31Posted by ブクログ

      読みかけとなっていた本です、最後まで読みたいと思っておりますが、現在このような本に部屋が占領されてきており、苦渋の決断ながら処分することに至りました。近い将来、この本を読破できる機会が来ることを願って...

      続きを読む
    • 2015/09/27Posted by ブクログ

      伊勢神宮の式年遷宮
      歴代天皇が代替わりのたびに王宮を遷していたものを、持統天皇が恒久的な藤原京を建設したことで、歴代遷宮は停止し、その停止を引き取る形で式年遷宮が始まったという説。

      天照大神は三種の...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001549219","price":"660"}]

    セーフモード