愛するということ

アン・メイジャー 翻訳:青山陽子

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「1年前失踪した奥さんが見つかったよ」差し出された写真にタッドは目をみはった。いや、違う。姿はそっくりだが、これは妻じゃない。妻の双子の姉、ジェスだ――運命を狂わせたあの夜がよみがえる。タッドは一度だけ、ジェスを抱いたことがあった。彼女を愛していた。ジェスこそ妻にと決めていたのに、ジェスは僕をだまして、妹を僕の妻にと差し出したのだった。憎しみ、愛しさ、さまざまな思いが胸を去来するなか、タッドはただ一路、ジェスがいるという島に向かっていた。ジェスの本当の想いや、そこに彼の娘がいることなど、タッドはまだ、何ひとつ知らなかった。 ■再会してからも、失踪した妻のタッドへの想いが邪魔をするのか、ふたりの想いはことごとくかみ合わず……。真実の愛はどこに? アン・メイジャーが綴る、文字どおり嵐のように激しい愛の数々。〈嵐のごとく〉シリーズの続編にして最終話をお届けします。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A001549189","price":"550"}]

    セーフモード