【最新刊】真剣師 小池重明

真剣師 小池重明

1冊

著:団鬼六

596円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    就いた職業は無数、人妻との駆け落ちは三回。寸借詐欺騒動を起こし、新聞沙汰にもなった。逃亡と放浪を繰り返したが、将棋だけには破格の才能を持っていた男・小池重明。プロ棋士を次々となぎ倒し、“新宿の殺し屋”と呼ばれた伝説の将棋ギャンブラーが、闇の世界で繰り広げた戦いと破滅の軌跡を描く傑作長編。話題のベストセラー待望の電子化!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/07/24

    レビュー

    4
    26
    5
    10
    4
    6
    3
    10
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/08Posted by ブクログ

      囲碁も将棋もプロになるのはとても厳しい/ 年齢制限が設けられ、小さな頃から地域では天才と称される子どもたちが全国から集められ、その中でも特に抜きんでる天才が生業とするものである/ そんなプロたちをも蹴...

      続きを読む
    • 2018/09/30Posted by ブクログ

      小池重明さんの一生を描いた作品。天才とあほが入り乱れている人物。こんな人がいたんだなーって感じです。将棋に関しては天才であったのかな。今で言えば何か発達障害の様な障害があると診断されるかもしれない。
      ...

      続きを読む
    • 2018/02/12Posted by ブクログ

      あまりにも将棋が強く、将棋以外がダメすぎた男小池重明。
      「将棋の鬼」とまで評される強さで並み居るアマプロ強豪をなぎ倒していく対局録は痛快ながら、対照的にさっぱり上向かず放蕩に沈んでいく人生はもの悲しく...

      続きを読む
    開く

    セーフモード