妖草師 魔性納言

著:武内涼

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    宝暦8年(1758)の京都。若手公卿と浪人者の間に、徳川幕府を倒そうとする動きが起こりつつあった。一方、見目麗しい女たちが次々と神隠しに遭うという奇怪な事件が発生、ついには花道家元の娘・椿まで行方知れずになる。騒然とする都で、若き妖草師・庭田重奈雄の前に現れた、美しき青年公家の秘された正体とは? 怪奇小説の雄・上田秋成、与謝蕪村らも登場。激闘、死闘の一大スケールで描く妖草師シリーズ最新作!

    続きを読む
    • 妖草師 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      妖草師 全 5 巻

      4,015円(税込)
      40pt獲得

    レビュー

    • 2016/01/11Posted by ブクログ

      2016.1.11 4
      はじめ、すごく読みづらかった。漢字は多いし、登場人物が入り乱れていて、ちっとも頭に入らなかった。
      中盤から、やっと場面が思い描けるようになり、せっかくの休日...

      続きを読む
    • 2019/04/02Posted by ブクログ

      シリーズ完結。

      豪商を狙った残虐な賊を追う重奈雄達。事件の背後に、御三卿や大名家が絡んだ大陰謀が姿を現します。
      その陰謀を操る、関東妖草師師との対決は、まさに“妖草大戦争”ばりに、様々な妖草が出てき...

      続きを読む
    • 2016/10/22Posted by ブクログ

      江戸中期を舞台に、世に災いをもたらす異界の妖草を刈る妖草師の活躍を描いた伝奇小説。
      人の心の闇を苗床にして芽吹いてくる妖草という設定が面白い。キャラも立っているし最後の方は忍法帳みたいな肉弾戦になって...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001611850","price":"814"}]

    セーフモード