群衆リドル~Yの悲劇’93~

古野まほろ

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    浪人生の渡辺夕佳の元に届いた、壮麗な西洋館への招待状。恋人で天才ピアニストの、イエ先輩こと八重洲家康と訪れた『夢路邸』には、謎を秘めた招待客が集まっていた。そこに突如現れた能面の鬼女が、彼らの過去の罪を告発し、連続殺人の幕が切って落とされる。孤立した館に渦巻く恐怖と疑心。夕佳とイエ先輩は、『マイ・フェア・レイディ』の殺意に立ちむかうことができるか!?

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/09/01Posted by ブクログ

      「天帝ワールド」って呼んでええものかはともかく、これも「天帝」シリーズにリンクする作品だった。
      骨子は真っ当な本格で、でもやはり古野スタイルに溢れる、期待を裏切らないものだった。

    • 2013/12/31Posted by ブクログ

      ”群衆リドル Yの悲劇’93”古野まほろ著 光文社文庫(2013/08発売)
      (2010/12 光文社単行本の文庫版。解説:有栖川有栖)

      ・・・謎の招待状によって集められた九人の男女。雪に閉ざされた...

      続きを読む
    • 2013/09/06Posted by ブクログ

      さすがに天帝シリーズの新訳とは違い、文庫化にあたって大きな変化はない。
      改めて読むと、終盤のとある伏線に笑った。

      巻末に作品世界・人物相関図つき。
      二条さんが水里兄の先輩とか、イエ先輩と例の彼女がピ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001548692","price":"770"}]

    セーフモード