P+D BOOKS 少年・牧神の午後

北杜夫

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    北杜夫 珠玉の初期作品をカップリング。 病弱な少年の病気への密かな親しみや、発熱によって開かれる想像力の世界を描く「病気についての童話」。 牧神がまどろみから目覚め、パンの笛とアポロン の竪琴による音楽勝負に挑む、詩的世界を描く「牧神の午後」。 精神を病んでいく主人公がある日知った、『狂詩』という言葉の意味と、心理の変換を描く「狂詩」。 少年の無垢な純真性喪失を瑞々しく描く「少年」。 北杜夫初期の繊細な世界が、7篇の小編を通じて拡がっていく珠玉のカップリング集。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード