【最新刊】生と死にまつわるいくつかの現実

生と死にまつわるいくつかの現実

ベリンダ・バウアー(著)/吉井智津(訳)

1,067円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    少女が見た真実とは?衝撃のサイコスリラー。 イングランド南西部の海岸沿いで、一人歩きの女性を狙った連続暴行殺人事件が起きた。被害者はいずれも目出し帽の男に服を脱がされ、犯行現場から母親に電話するよう強要されていた。現場近くの小さな町に住む10歳の少女ルビーは、民警団を立ち上げて犯人を追跡する父親を助けようとするが……。 ゴールド・ダガー賞受賞作家ベリンダ・バウアーが、西部劇『勇気ある追跡』をモチーフに、崩壊寸前の家族や学校でのいじめに心を痛める少女と、彼女を取り巻く人々の心模様を描く衝撃のサイコ・スリラー!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/07/24
    連載誌/レーベル
    小学館eBooks
    出版社
    小学館
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2015/07/16Posted by ブクログ

      英国の小さな村ライムバーンを舞台に繰り広げられるサイコ・ミステリー。子どもの世界と大人の世界の狭間で小さな心を痛め続ける10歳の少女ルビーが、この物語の主人公。全編に漂う喪失感と言い知れぬ暗さの中、中...

      続きを読む
    • 2017/01/04Posted by ブクログ

      イングランド南西部デブォン州北部の坂の勾配がきつい森と海にはさまれた村 子供が5人しかいない 
      途中読みながら、まさかの犯人は…それはやめてくれと思いながら読んでいたので、犯人がわかった時はショックだ...

      続きを読む

    セーフモード