【最新刊】トンネルの森 1945

トンネルの森 1945

著者:角野栄子

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    太平洋戦争のさなか、幼くして母を亡くしたイコは父の再婚相手とともに疎開する。家のそばにある、暗く大きな森のトンネルで、脱走兵が自殺した噂を耳にするが……。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/07/23
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2018/04/15Posted by ブクログ

      角野英子さんがアンデルセン賞を受賞された!
      すごいな、やったね
      涼やかで温かいオーラに包まれた角野英子さん
      おめでとうございます

      これは子どもの時の戦争体験
      淡々とした文章だけど心に迫って来る
      子ど...

      続きを読む
    • 2016/10/15Posted by ブクログ

      これは、フィクション…でいいんだよね…?

      ほんのりと、“となりのトトロと火垂るの墓同時上映”と思いました。

    • 2020/01/31Posted by ブクログ

      角野さんは、どんな読者を想像していたんだろう
      何かを遺すつもりで言葉をつづったんだろうな

      表紙からして戦争物ってわかるから読むつもりはなかった
      悲しくなってつらくなるのがわかるから
      でも、角野さんの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード