【最新刊】座敷童子の代理人8

座敷童子の代理人

著者:仁科裕貴

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    八月下旬。ようやく暑さが和らいできたある日、迷家荘の蔵から謎の絵画が発見された。ふと手にした和紗だったが、突然倒れてしまう事態に。どうやら霊に取り憑かれてしまった様子。司貴たちが霊の正体を暴くべく調査を始めると、発見された絵画が“供養絵額”と呼ばれる死者の鎮魂のために描かれたものだと判明する。その絵に込められた想いを紐解くとき、事態は遠野全体を巻き込む大騒動に発展し――!? 司貴と和紗の関係も気になる、大人気シリーズ第8巻!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/10/24
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 座敷童子の代理人 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      座敷童子の代理人 全 8 巻

      5,478円(税込)
      54pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(55件)
    • 2020/11/27
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2015/08/14
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2015/05/30

      二回読んでの感想です。

      ストーリーに起伏があって面白く、遠野物語や妖怪のうんちくも興味深く読みました。
      一つ一つのエピソードがコンパクトにまとまっていて、最後はすっきりいい話で、ほっこりします。
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード