【最新刊】ハイカラ工房来客簿2 神崎時宗と巡るご縁

ハイカラ工房来客簿

2冊

著者:つるみ犬丸

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    魔法のような技術で、革にまつわる面倒事を解決してくれる、噂の革工房『ハイカラ工房』。工房を切り盛りする店主は、目つきは悪いが腕は確か、情に厚い若き革職人・神崎時宗。今日も作業台でにらめっこ中。どうやら工房にひと筋縄ではいかない依頼が舞い込んだようで――。 威厳無しの七光り軍人に貫禄を持たせる革ベルト、学校嫌いの少年の心まで直すランドセル、戦地の夫に想いを届けるトンビのコート、おまけに時宗の工房に弟子が転がり込んできて。 そして、ついに待ちに待った瞬間が訪れる。時宗が選び取る選択とは――。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/24
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • ハイカラ工房来客簿 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      ハイカラ工房来客簿 全 2 巻

      1,320円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    3.4
    11
    5
    0
    4
    5
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/14Posted by ブクログ

      現代人が過去に行って活躍するいわゆるタイムリープ話。
      まあ、過去て言っても大正時代なんだけど。

      主人公が革職人という設定で依頼に応じて色々な製品を作る事になるのだけど、こちらに革製品の知識がないもん...

      続きを読む
    • 2018/10/09Posted by ブクログ

      生き倒れから時宗のもとで働くことになった小梅が加わった日々が軽やか。七光り軍人のベルトにミサンガ、ランドセル、とんびというマント付きの外套、赤いバラのレザーフラワーと色々な革小物たちとのエピソードが楽...

      続きを読む
    • 2018/10/09Posted by ブクログ

      真夜中にひとり切りの工房ごとタイムスリップした先の大正時代の浅草と、スリッパに煙草入れ、当時の財布である紙入れ、ドクターバッグに、犬に間違われる猫のぬいぐるみ等の革製品作りが興味深かった。スマホをちび...

      続きを読む
    開く

    セーフモード