巨大津波は生態系をどう変えたか 生きものたちの東日本大震災

永幡嘉之

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    福岡伸一氏推薦! 生命は大きく変わらないように絶えず小さく変わっている。生態系という動的平衡は大激変から回復できるのか。物言わぬ生きものたちが問う「復興とは何か」。2011年3月11日に東北を襲った巨大津波は、生き残った動植物の生息地をも激変させた。死滅するカエルの卵、真夏に枯れゆく木々、姿を消した絶滅危惧種のトンボたち……。しかし津波の影響がかつてない規模になったのは、人間による隙間のない土地利用が原因だった。「復興」の名のもと、急速に進む土木事業は、本当に東北の「豊かな自然」を回復できるのか。震災直後から生きものたちの消息を追って東北全域を奔走した著者が問う「真の復興とは」。(ブルーバックス・2012年4月刊)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード