【最新刊】中学英語で面白いほど日記が書ける本

中学英語で面白いほど日記が書ける本

著:小池直己 著:佐藤誠司

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    英語に興味があって使えるようになりたい。でも、ぎっちり詰め込んで勉強するには時間がないし、やる気も出ない。仕事や家事に追われるなかで、英語を学ぶのは大変なことです。それでは1日3分で4,5行ほど寝る前に日記を書いてみるのはいかがでしょう。本書では中学で習った英語を中心に、日記を書くための例文や構文を紹介します。さらに、各章の前には英文の書き方の基本から、文の形、日常で使える便利な単語など、基礎から丁寧にご紹介しているので、そもそも英語をどう書けばいいのか忘れてしまっている人でも安心です。起こった出来事を日記にまとめてみることは、一日ごとの自分の考えや気持ちの変化を整理することもでき、これからの人生計画や目標を考える上で、大切な習慣となるはずです。日記を書くことで一日を簡単に振り返りながら、無理なく、楽しく英語の力もつけられる一石二鳥の一冊です。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/07/24
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2017/03/02Posted by ブクログ

      [江戸川区図書館]

      春から中学生になるお兄ちゃんのために漁ってきた英語参考書の一冊。家に買ってある「えいごでにっき」よりもより実用的で小学校高学年くらいなら恐らくこっちが良い感じ。うちも今家にある本...

      続きを読む
    • 2017/12/18Posted by ブクログ

      東京在住東京勤務、27歳のOLさんが日記を書くという設定らしい。この人は男友達も多く、かなりのリア充である。
      一日の日記は5つくらいの文章で構成されている。そこで使われた典型的な言い回しを5つくらい、...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001546941","price":"1100"}]

    セーフモード