【最新刊】江戸日本の転換点 水田の激増は何をもたらしたか

江戸日本の転換点 水田の激増は何をもたらしたか

武井弘一(著)

1,309円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 809(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

米づくりは持続可能だったのか?新田開発は社会を豊かにする一方で農業に深刻な矛盾を生み出した。エコでも循環型でもなかった“江戸時代”をリアルに描き出す力作。 [内容]序章 江戸日本の持続可能性第一章 コメを中心とした社会のしくみ第二章 ヒトは水田から何を得ていたか第三章 ヒトと生態系との調和を問う第四章 資源としての藁・糠・籾第五章 持続困難だった農業生産第六章 水田リスク社会の幕開け終章 水田リスクのその後と本書の総括

続きを読む
提供開始日
2015/07/21
連載誌/レーベル
NHKブックス
出版社
NHK出版
ジャンル
学術・学芸

セーフモード