世界史を動かす 聖書と金利

週刊エコノミスト編集部/柳沢哲哉/保坂俊司/金関猛/中田一郎/日向健/加藤敏春/子安美知子/水野和夫/井上教子/大澤真幸/松田俊道/堀内一史

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    世界同時金融緩和がもたらした低金利。ディスインフレが恒常的になったグローバル経済。低金利は一体何を表しているのか。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の共通の教典である「旧約聖書」はかつて金利を禁じ、経済発展の中で容認してきた。聖書と金利の関係が示す驚きの経済の仕組み。目 次:はじめに・聖書が禁じ、教会が認めた歴史 神と人の綱引きが定める水準・聖書と金利を読み解く7つの基礎知識   モーセはエジプト人? フロイトが唱えた異説・旧約聖書の源流 古き洪水伝承「アトラハシース物語」   ハンムラビ法典の金利は年20% 新王の即位で「徳政令」も・金利の効能 不確実な未来に値段をつける   国家制度を維持するための「出挙」・コラム 古代エジプトからあったマイナス金利・コラム あせないエンデの「時間泥棒」・マイナス金利の必然 経済成長あがめる資本主義の転換点・コラム トランプに見る宗教・インタビュー 高階秀爾「為替手形を金利にしたメディチ家」・インタビュー 伊東俊太郎「西欧が学んだイスラム文明」・資本主義で後れを取ったイスラム 「法人」の否定が経済活動の足かせ・西欧も尊崇 異教徒にも寛容だったイスラムの英雄サラディン・コラム イスラエルを庇護する宗教国家アメリカ・金利を肯定した仏教 商人が支えた「都市型宗教」

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード