【最新刊】ジェネレーションフリーの社会 日本人は何歳まで働くべきか

ジェネレーションフリーの社会 日本人は何歳まで働くべきか

北岡孝義(著者)

1,408円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    もう年金には頼れない。では、どうやって暮らしていくか。現行の年金制度が危機に瀕している日本が目指すべき道は、定年という障壁をなくし、あらたな日本型雇用を創出することだ。さらには、個々人の働くことへの意識改革が求められる。“生涯現役”は日本を救うかもしれない。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/07/16

    レビュー

    • 2015/07/28Posted by ブクログ

      リタイアせずに、老いも若きも国民全体が働く社会になれば、年金は要らない。国が費用をかけて集金・分配する無駄もない。「自由意志」と「誇り」があれば仕事は楽しい。

      仕事をせずに高給なおじさん。人間関係-...

      続きを読む
    • 2015/11/29Posted by ブクログ

      もう年金には頼れない!?その解決には、“生涯現役” 「ジェネレーションフリー」の社会が必要なのかもしれません。
      本書では、現役世代が高齢の退職世代を支える「世代間扶養の社会」から脱却して、国民全員が全...

      続きを読む

    セーフモード