【最新刊】平安推理絵巻 (3) 望月のあと 覚書源氏物語『若菜』

平安推理絵巻

3冊

著:森谷明子

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    平安の都は盗賊やつけ火が横行し、乱れはじめていた。だが、そんな世情をよそに、藤原道長は「この世をばわが世とぞ思う……」と歌に詠むほど、栄華を極めていた。紫式部はといえば『源氏物語』の人気に困惑気味の日々。そんななか、式部が訪れたあるお屋敷に、道長が瑠璃という謎の姫君を密かに住まわせていることを知る。式部はこの瑠璃姫と道長になぞらえて物語を書きはじめたものの、次第に現実と物語が重なってきて……。瑠璃姫とはいったい何者なのか? 式部が時の権力者に対して仕掛けた雅な意趣返しとは? 『源氏物語』をめぐる謎を解き明かす、平安王朝推理絵巻第3弾!/解説=荻原規子

    続きを読む
    提供開始日
    2018/06/11
    • 平安推理絵巻 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      平安推理絵巻 全 3 巻

      3,055円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    3.8
    27
    5
    6
    4
    12
    3
    9
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/03/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/10/28Posted by ブクログ

      ミステリー色、謎解き色は前2作よりは弱くなっていますが、しかし、このシリーズの新しい魅力を感じました。ずっと、紫式部のそばで活躍している二人が今回も活躍してくれるので、ワクワクしながら安心して読みまし...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/10/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード