【最新刊】永見緋太郎の事件簿 (3) 真鍮のむし

永見緋太郎の事件簿
3冊

著:田中啓文

779円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

相も変わらずの天才的なテナーサックスの演奏と、鮮やかな推理を披露するいっぽうで、世事にはうとい永見緋太郎だが、クインテットを活動休止にして、海外で原点を見つめ直すという唐島に同行することになった。ニューヨークを皮切りに、シカゴ、そしてジャズの聖地ニューオリンズで永見と唐島が出合った不思議な出来事。あこがれのミュージシャンが遺した楽器を手に入れた唐島を襲った災難、ニューヨークで管楽器の盗難事件に巻き込まれた永見が見いだした真相など、全7編を収録。ジャズと不思議に満ちた、日本推理作家協会賞受賞シリーズ第3弾。/解説=法月綸太郎

続きを読む

レビュー

3.7
18
5
3
4
8
3
7
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/10/30Posted by ブクログ

    天才肌のテナーサックス奏者・永見緋太郎が探偵役となって、日常の謎を解決する、七色の連作短編集。

    自身もジャズ愛好家でサックス奏者でもある著者が、人並み外れた耳と感性でサクッと謎を解くストーリーを書く...

    続きを読む
  • 2018/03/13Posted by ブクログ

    ミステリーとしての要素だけをみたら物足りないかもしれないが、ジャズと掛け合わせることで面白く感じた。
    全体的に心温まる話が多く、読みやすかった。

  • 2018/02/15Posted by ブクログ

    ニューヨーク、シカゴ、ニューオリンズ。財布に金はないけれど、街にはジャズがある。ジャズじゃ腹は膨れないけれど、いろんなものが満たされる。相も変わらず最高なシリーズ。ここで一先ず休憩ってのが寂しい。この...

    続きを読む
開く

セーフモード