【最新刊】フィレンツェ史 (下)

フィレンツェ史

著:マキァヴェッリ 訳:齊藤寛海

1,386円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    絶え間なく繰り広げられる激烈で複雑な権力闘争。苛烈な現実政治の現場に身を置いた著者が、メディチ家支配下の共和制フィレンツェに焦点をすえながら、波瀾に満ちたフィレンツェの歴史を具体的に叙述する。叙述される出来事自体の面白さだけでなく、第一級の知性たるマキァヴェッリの歴史認識を知るうえでも興味はつきない。新訳(全2冊完結)

    続きを読む
    提供開始日
    2015/07/16
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    学術・学芸
    • フィレンツェ史 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      フィレンツェ史 全 2 巻

      2,772円(税込)
      27pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • フィレンツェ史 ...
      2012/07/02

      ローマ帝国の崩壊から、フィレンツェの成立、教皇派と皇帝派の対立、そしてコジモ・デ・メディチの追放と帰還までを本書では描く。新訳ということで活字も綺麗で大変読みやすいのみならず、訳者による精緻な注釈は大...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2012/07/29

      コジモ・デ・メディチの帰還から、ロレンツォ・デ・メディチの死までが描かれる下巻。圧巻は最終章である8章で、息もつかせぬ展開に思わずページをめくる手も早くなる。ラストの尻切れとんぼ感にはあぜんとさせられ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • フィレンツェ史 ...
      2012/04/08

      僕にとってフィレンツェ史は若い頃からの大事な本。新訳で読めて幸せ。旧訳は、文語調、難読漢字の集合で読み切るのが大変だった。それでも苦労に報い得る以上の面白さがあった。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード