【最新刊】戦艦長門対各国戦艦十番勝負。掛け値なしで世界最強の戦艦「長門」。

戦艦長門対各国戦艦十番勝負。掛け値なしで世界最強の戦艦「長門」。
1冊

安藤昌季/MBビジネス研究班

322円(税込)
ポイント 3pt

通常ポイント:3pt

10分で読めるミニ書籍です(文章量11,000文字程度=紙の書籍の22ページ程度)「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。書籍説明まえがきより第二次世界大戦における最強の戦艦は、日本海軍の大和型戦艦である。米国戦艦の電探射撃を重視する向きは、「アメリカ戦艦の方が強い」と主張するかもしれないが、それを最大限認めたとしても、大和が就役した1941(昭和16)年12月16日から、MK.8レーダーを搭載したサウスダコタ級戦艦インディアナが就役した1942(昭和17)年4月30日までは、大和が間違いなく世界最強だから、「世界最強の戦艦」であったことは疑いがない。このように「世界最強」とは、刻一刻と移り変わるものである。そして、日本海軍でもっとも長く「世界最強」であったのは、長門型戦艦の長門であった。今回は、この優秀な戦艦長門について検証し、歴史の楽しさを味わっていただきたい。著者紹介安藤 昌季(アンドウマサキ)東京都生まれ。ショップ店員、俳優業などを経て、ゲーム会社の出版部門編集者となる。独立後、無電源系ゲームライター&ゲームデザイナーとして、ゲームブック兼TRPG『ホワイトカオス』や、読者参加ゲーム『はがき戦国』シリーズ、『魔王國年代記』などを幅広く手がける。2011年からは歴史・鉄道系の企画・執筆業も担当し、「教えてあげる諸葛孔明」(角… 以上まえがきより抜粋

続きを読む
提供開始日
2015/07/13

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード