【最新刊】出世侍(五) 雨垂れ石を穿つ

出世侍

5冊

著:千野隆司

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    将軍御目見の旗本・香坂家へ婿入りし、新御番衆として、江戸城へ出仕する身分となった藤吉。ある日、徳川家斉の増上寺参拝に同行したその帰路で、将軍の駕籠を襲う狂馬が現れた。藤吉はその場を収める活躍をみせるのだが――。狂馬に将軍の駕籠を襲わせたのは何者か? 農民から武士へと出世を果した藤吉の真価が問われる、シリーズ最終巻。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/06
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    3.8
    6
    5
    0
    4
    5
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/07Posted by ブクログ

      非常に読みやすい時代小説。農民である主人公が立派な武士に成り上がることを夢見て、奮闘する王道なストーリー。続編も出ているようなので、是非読んでみたい。

    • 2018/10/07Posted by ブクログ

      上役の侍から嫌がらせを受けても、めげずに常に前向きな主人公の姿には、読んでいるこちらも勇気付けられる。また、内容がヘビーでないので、時代小説初心者も取っつきやすいと思う

    • 2018/01/11Posted by ブクログ

      千野隆司さん、出世侍№5(最終巻)「雨垂れ石を穿つ」、2017.12発行です。農民から武士に、様々な嫌がらせを受けながらも、艱難辛苦、前向きに努力を重ねる藤吉の物語。別れ別れだった妹とも再会し、最後は...

      続きを読む
    開く

    セーフモード