【最新刊】里海資本論 日本社会は「共生の原理」で動く

里海資本論 日本社会は「共生の原理」で動く

1冊

著者:井上恭介 著者:NHK「里海」取材班

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    里海=「人が手を加えることで海を健康にし、豊かにするメカニズム」。瀬戸内海の再生方法を指す。ムダとされたものが「ここにしかない生き方」を産み、人間以外の命もつなぎ直し、経済も暮らしも再生させている!!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/07/10
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.8
    16
    5
    3
    4
    9
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/25Posted by ブクログ

      里山資本主義の枠を更に超えた面白い人たちが多数登場します。里山資本主義とセットで読むことをお勧めします。

    • 2018/10/28Posted by ブクログ

      2015年81冊目

      里山資本主義のNHK取材班が今度は里海を調査
      里海はSATOUMIとして海外でも認知されている言葉らしい。
      里山資本主義は里山にある資源を再度有効活用した生活を紹介したが、
      里海...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/05/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード