選択と捨象 「会社の寿命10年」時代の企業進化論

冨山和彦

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    市場の力を活用すれば、日本は再生できる! JAL、ダイエーなど、企業再生の修羅場を知り尽くした著者が、ブラック企業・ゾンビ企業の淘汰から始まる日本再生の処方箋を説く。真の改革のチャンスは危機の最中か直前にしかやってこない。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/10/27Posted by ブクログ

      読み終わって、爽やかさが残る本であり、歩んできた人生を基礎に、従来の価値観・慣習に囚われない、リベラル・アーツを実現していくための実践論が書かれていた。
      私の尊敬する司馬遼太郎の一節、「東大は西欧文明...

      続きを読む
    • 2015/08/30Posted by ブクログ

       「選択と集中」を実行するためには、何かを「捨てる」ことが不可欠だが、伝統的な企業ほど、「捨てる」ことができずにいる。数々の企業再生案件に携わってきた著者が企業再生の要諦とともに、日本の産業全体が抱え...

      続きを読む
    • 2019/02/09Posted by ブクログ

      日本の大企業の宿痾をよく分析して書いている。
      が、あまりにも自信過剰な書きっぷりが鼻につく。
      ところで融資の個人保証をやめろという主張はいかがなものか。
      どこの国でも中小企業はある程度、公私混同してい...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001544252","price":"1320"}]

    セーフモード