実践 M&Aマネジメント

著:服部暢達

3,168円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。著者は外資投資銀行M&A責任者から転身。変貌する日本企業にとってのM&Aの意義とその合理的な実施方法について、実務家の立場から多数の具体例をまじえて総合的に書き下ろす。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/01/31Posted by ブクログ

      担当:Hirakawa
      対象レベル:中級
      内容:
      世界と日本のM&A動向
      M&A関連商法、会計、税制
      企業価値評価の基本コンセプト
      主なM&A手法の比較
      株式公開買付制度の概要と実務
      株式交換制度の概...

      続きを読む
    • 2011/01/19Posted by ブクログ

      仕事上必要になりそうな本なので再読。
      M&Aの制度概要や問題点など法律面から読み解いた実務書。

      日本の対等合併という意識の問題点や、TOB制度、タックスフリー・スピンオフ、LBOの問題点など日本の法...

      続きを読む
    • 2012/05/30Posted by ブクログ

      M&Aの本として始めてまともに読んでみました。
      バリュエーションのメソッドと実務を知りたくて読みました。

      商法改正前だったり、税法が結構変わっているため、スキーム自体は古いものの、参考になる部分は多...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001544012","price":"3168"}]

    セーフモード