【最新刊】阿弥陀小僧七変化 : 3 縛られた若殿様

阿弥陀小僧七変化

飯島一次

539円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本橋の豪商「駿河屋」に阿弥陀小僧の御札が貼られ、大騒ぎになる。そんな中、駿河の小藩の若殿様が、「盗まれる前にお宝を見たい」と店を訪れる。藩の御用達でもある駿河屋は、さっそく若殿を座敷に通すが、一行が立ち去った後、“お宝”が見事に消えていた。その話を伝え聞いた役者修業中の中村捨蔵は、事件の真相を探り始める。シリーズ第三弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/11/05
    連載誌/レーベル
    双葉文庫
    出版社
    双葉社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 阿弥陀小僧七変化 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      阿弥陀小僧七変化 全 3 巻

      1,617円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    レビューコメント
    • 3巻

      個人の感想です:A-。祝!(今年の目標だった)読んだ本144冊目!阿弥陀小僧シリーズの第三弾。日本橋室町の大店三浦屋(中村捨蔵の父)の弟が入婿した下谷広小路の「駿河屋」に今度は南無阿弥陀仏の貼紙がされ...

      続きを読む
    • 3巻

      芝居好きが過ぎて勘当された若旦那が売れない役者をしている。変装を得意とする盗賊を名乗り叔父のお宝が盗まれた。犯人を捜すために仕込んだ作戦は?売れない戯作者との裏には裏がありの会話が面白い。

    • 3巻

      このシリーズはこれで終わり?阿弥陀小僧を騙る大名の嫡男、出世のためにその若様を持ち上げる輩と金もうけを目論む大店の主。世間は阿弥陀小僧の仕業と信じ、狙われた捨蔵の叔父の婿入り先の大店で、叔父の女房が正...

      続きを読む
    • 3巻

      ★★★★ これで終わりなのかな?

    セーフモード