いぬ馬鹿

戸川幸夫

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    動物文学の第1人者・戸川幸夫の珠玉短編集。日本の動物文学の第一人者、戸川幸夫が描く日本犬の物語。表題作の他、マタギとその猟犬との深い絆と悲劇的運命を描いた「熊犬物語」、「白眼がどこかで笑ってる」など6編を収録。絶滅種も含めた、日本犬解説付。【目次】 熊犬物語 猪犬物語 いぬ馬鹿 山犬塚 秋田犬物語 日本犬の系譜

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/08/31Posted by ブクログ

      図書館で「ご自由にお持ちください」の棚にあったのでもらってきたら、戸川幸夫だった。ラッキー。掲載5編のうち2編は既読だったけど。
      乾いた哀愁が持ち味。黄昏の中の日本犬のシルエット。

    [{"item_id":"A001543930","price":"649"}]

    セーフモード