中国は腹の底で日本をどう思っているのか メディアが語らない東アジア情勢の新潮流

著:富坂聰

730円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    著者はいう。日本からみた世界はいま、中国とアメリカによって説明されることがほとんどだ。しかしいま、ほんとうに必要なのは日本から世界をどうみるか、という視点ではない。中国が日本や世界をどうみているのか、あるいはその主語を韓国や北朝鮮に入れ替えたとき、彼らが何を考えているのか、である。そうした問題意識のもと、本書は独自情報や現地発の報道を立体的かつ丁寧に組み上げながら、東アジア情勢がどのような力学によって、どちらに動いているのかを明らかにしていく。その視点の基礎を成す要素は「価値観」ではなく、各国の「利害」だ。日中関係はなぜいま改善しているのか、中国が図ろうとしている「脱露入米」とは何か、イギリスはどうしてAIIB(アジアインフラ投資銀行)に参加したのか、日朝交渉が必ず行き詰まるのはどうしてか……その答えが日本メディアの論調とは大きく異なることに、読者の方は驚くことになるだろう。ならば、その新潮流のなかで「価値観外交」を全面に掲げる安倍政権の手法はそこまで効果的なのか。日本外交に対する痛烈な示唆までをも含みながら、中国を知り尽くした気鋭のジャーナリストが描き出す極東コンフィデンシャル。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/04/06Posted by ブクログ

      ■(イギリスのAIIB参加に際し)「価値観」ばかりを異様に重視し,「利害」という要素の影響を軽視する日本の伝統的な誤りが作用。
      ■日本と韓国は強い民意の監視下で内政を意識した外交を行わざるを得ない。
      ...

      続きを読む
    • 2015/10/17Posted by ブクログ

      日本国内からだけでなく、米国、中国、韓国からの複眼でニュースを読み解くこと。
      国民感情を外交に過度に反映させないこと。

    • ネタバレ
      2015/10/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A001542710","price":"730"}]

    セーフモード