【最新刊】バウルの歌を探しに バングラデシュの喧噪に紛れ込んだ彷徨の記録

バウルの歌を探しに バングラデシュの喧噪に紛れ込んだ彷徨の記録

1冊

著:川内有緒

721円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    何百年もの間、ベンガル地方で歌い継がれ、今日も誰かが口ずさむバウルの歌。宗教なのか、哲学なのか、それとも?? 譜面にも残されていないその歌を追いかけて、バングラデシュの喧噪に紛れ込んだ。音色に導かれるかのように聖者廟、聖地、祭、ガンジス河を転々とした先に見つけたものとは。12日間の彷徨の記録。第33回新田次郎文学賞受賞作。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/07/03
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.5
    10
    5
    5
    4
    5
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/04Posted by ブクログ

      バングラデシュで言い伝えられている伝説の吟遊詩人・「バウル」を求めに旅に出た著者の話。

      記録もない。歴史的資料もほぼない。口伝で伝わる世界無形文化遺産であるバウルの歌。「本物のバウルの歌」を聞くため...

      続きを読む
    • 2019/07/20Posted by ブクログ

      単行本の時も 五つ★だったはず
      その本が 文庫で再販されると
      ついつい 手に入れてしまう

      そして また読み始める
      すっかり忘れていたところもあり
      ぼんやり そうだった
      と思い起こすところもあり
      それ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/03/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード