給料日

片岡義男

275円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    やることは、ただひたすら金を使うことだけ。どこにも寄りかからない真性の無頼な時間がここにある。■給料日のサラリーマン。懐には20万弱の金がある。会社帰り、男は地下鉄丸ノ内線で新宿に出る。ゲーム・センターで金を使い、パチンコで使い、飲み屋を何軒もハシゴし、誘われるままに風俗店に行き、一晩で彼はすべての給料を使ってしまう。憂さを晴らしているわけでもないようだ。自暴自棄でもない。金があり余っているわけでもない。病的でもないらしい。男は金を払う。なぜなら金を持っているから。新宿とはそういう街だから。感情にも意味にも事件にも寄せず、新宿を描ききった稀有のハードボイルド小説。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A001541187","price":"275"}]

    セーフモード