彼のオートバイ、彼女の島

片岡義男

275円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    夏と、島と、オートバイ。退屈を知らない日々のためには、まずその3つが必要だ。■一度目は高原の道で。二度目は共同浴場で。偶然の出会いが2度あった「彼女」は、もう無関係な他人ではない。仕事や悩みが毎日の多くの時間を占めてしまったとしてもひとたびオートバイに乗り、歓びを分かち合う人が隣にいて風が、道が、光が、山々が、自分と一体になってしまえばもはやそこに退屈の入り込む隙間はない。夏という時間、島の時間を生きる彼ら彼女らは限りなく自由だ。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

    続きを読む
    • 彼のオートバイ、彼女の島 全 2 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      彼のオートバイ、彼女の島 全 2 冊

      550円(税込)
      5pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 2012/08/31

      2012/08/30読了

      前作の(つまり、2、のついてないやつ)続きではなく、全くもって新しい作品だ。
      バイク、音楽、コオ、ミーヨ これを続要素にはしているものの違うものなんだね。

      描写が新鮮で面...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード